Simpel en Lekker

オランダでの日々の生活、子育て、仕事

押しに負けた

普段はあまりうちの子供たちと一緒に遊ばない男の子、この数日、我が家に来てずっと一緒に遊んでいます。

2日間は、一喜のクラスメイトの子の家族を招待し、我が家で手巻き寿司を食べたのですが、その男の子は、「自分も一緒にお寿司をたべたい。」と何度も懇願。人数も多かったし、丁寧に断りしましたが、「1個だけ!」とまた何度も懇願され、サーモン巻きを作ってあげました。それでも、お寿司に参加したくてたまらなそうに帰って行きました。

翌日、また我が家に遊びに来て、ずっと「我が家で晩ごはんが食べたい!」と熱望。「今日はお寿司じゃないよ。」と言っても、「それでもいいから、我が家でご飯が食べたい!」と押しまくり。あまりにも素直に押してくるので、ついに折れてしまった(笑)この日は、晩ごはんのために豚肉のバルサミコ煮を多めに作っていたので、彼も一緒に食べました。

ちなみに、昼間、一喜の部屋のリフォームを手伝ってくれました。上の方の壁紙を剥がしたいから、タンスの上に乗っていい?と丁寧に聞いてくれたり、素直な良い子です。

f:id:patatje:20190816040448j:plain

彼の好物は、エビと日本米、そして、もちろんお寿司、だそうです。夏休み中に、どうしても我が家でお寿司が食べたいって言いまくってました(笑)

壁のない素直な子で、あまりに素直に押されると、折れるしかなくなってしまうけれど、この先、私の顔を見るたびに、「お寿司、いつ食べる?」って聞かれそう。。

ママ

お隣さんと

この夏、お隣さんは6週間、実質は7週間の夏休みを取って、スカンジナビア半島にキャンピングカーで旅行へ。息子さん家族のいるスウェーデンや、奥さんの弟さん家族がいるノルウェー、ノルウェーの北の果てまで行ってきたそうです。そして、私たちがフランスから戻った2日後に帰ってきました。

久しぶりなので、旅行の話をしつつ一緒に晩ごはんを食べようとなり、持ち寄りで晩ごはん。

f:id:patatje:20190811060734j:plain

f:id:patatje:20190811060741j:plain

私はキッシュとブロッコリーとアボカドのサラダを作り、お隣さんはフライドポテトとBitter ballen(オランダの小さなコロッケ)を作ってくれました。

お隣さんのフライドポテトは安定の美味しさ。外がカリッと中はホクッと。どこのフライドポテトより美味しくて、お店以上のレベル!

旅行の話、それから家の話などなど。いつここを引っ越す?って話題になると、いつも「我が家が引っ越すまではここに居るわよ!」と言われます。「それじゃあ、私たちも、お隣さんが引っ越すまではここに居るわ!」と。(笑)

楽しいお隣さんがいて、本当に幸せです。

そうそう、私たちはおみやげまで頂きました。

f:id:patatje:20190811061739j:plain

トロールのマグネットはパパへ、クッキーの型とヘラは私へのおみやげです。ヘラにもトロールが付いてる。子供たちにも、かわいらしいトナカイのペンケースとペンを頂きました。

トロールはちょっぴり不気味にも見えるけれど、怖いものではなく、良い妖精?みたいなものだそうです。明らかに、めぐみは警戒してました(笑)

ママ

 

上には上が

平日の朝や昼に、パパと私はよくテニスをしています。最低週2、3回くらい。

夜と違って、私たちがテニスをする時間は、大先輩方、ごめんなさい、大変失礼な言い方をしてしまいますが、じ様とば様ばかりです。その中でも、あまりにも毎回見かける8人組の人たちがいて、ついに先日、「いつもテニスされてますね!」と声をかけてみました。

すると、「あなた達もじゃない!」と返され、すぐさま「僕たちは退職者だし、週7回で、2日間は2部連やってるんだよ!」と言われました。えーーー!っとパパと二人でビックリ。まさか週7だったとは。

他にも、必ず毎朝8時から10時過ぎまで試合をしている2人がいたり、大先輩方がとにかく元気で毎日テニスをしていて関心します。バケーション中の練習はもちろん継続だし、猛暑だった日も、いつもより1時間早く来てテニスをしてました。それでも30度は超えている時間帯で、私たちは暑くて既に帰ろうとしていた時でした。

オランダ人、同世代でも体力の差を見せつけられていますが、大先輩方の体力も、私たちとは比にならなさそうです。

ママ





ジャングル化

旅行から帰ってきたら、庭のカボチャが大きくなっててびっくり。

f:id:patatje:20190810033229j:plain

f:id:patatje:20190810033236j:plain

このカボチャ、何となくの顔見知りのご近所さんから苗を頂いて、うちの庭に植えました。頂いたとき、そんなに大きくならないから大丈夫よ、と言われてたけど、いやいや(笑)

f:id:patatje:20190810033438j:plain

f:id:patatje:20190810033500j:plain

立派なカボチャが出来てる!
カボチャの隣には、スペイン唐辛子とパプリカも植わっているのですが育つかしら。この2つも同じご近所さんから頂いたものです。どちらも収穫できるといいな。

カボチャが無事に収穫出来たら、パンプキンタルトを作って、お礼に行こうかな。相変わらず、ご近所に恵まれて嬉しいです。

ママ

ポートフォリオ(夏休み前の話)Ⅱ(めぐみ)

めぐみのポートフォリオは、期末のテストの結果も記載されています。テストは、算数、スペリング、文章読解、DMT(3分間に何単語読めるか)、読書のレベルに分かれています。

めぐみは、算数が1から2に下がり、読書レベルはAVI M6からE7(日本であれば小学生4年生の途中レベルが5年生の最終レベルに上がった事を意味します)に上がっていました。他の科目は、大体同じか少し上がっていました。

先生からのコメントでは、算数については、時たま難しいと言っているけれど、テストだと出来ています。本当に難しいと思っている?それとも何か楽しくない理由がある?と。

本人に聞いてみると、他の科目よりは難しく感じることがあるそうです。テストの結果からすると、なるほど、と思いました。

他の科目については、とてもよく出来ているとのこと。ワールドオリエンテーションについても、興味を持ってよく取り組んでいたし、Pittege Plusも、よく取り組み、プレゼンテーションもよく作っていたと。

お友達とは一緒に楽しく遊んでいるけれど、時たま意見が割れてもめているね。来年どうそれを対処していくか、お友達との関係について、夏休みに考えておいてね、と。

一喜のポートフォリオでも書きましたが、面談がないので、算数についてはめぐみがどこを間違っていたのか、本人も私たちもわかりません。夏休み中に、どの点で間違っているのか、理解してないかをチェックして、サポートしてあげようと思っています。

それと、オランダ語力に直接関係している読書力や文章読解が、特に得意にしていることは、オランダ語を教えれない親としては、ホッとしています。

お友達との関係ですが、思い通りにいかないと、家でも怒ったりすることはよくあります。そして、怒るとパニックになって、何を言っても悪化するし、私たちは何で怒っているのかもよく理解できません。

めぐみの行動がどれほど深刻なものかは分かりませんが、怒っていても、周りが理解できるように説明したり、話せるようになって欲しいと思っています。家でも、怒ってるだけでなく、もっと話すようにと注意しています。簡単には出来ないようですが。

ママ

ポートフォリオ(夏休み前の話)Ⅰ(一喜)

夏休み前に、子供たちは二人とも学校からポートフォリオ(成績表)を持って帰ってきました。

一喜のポートフォリオは、基本的には、この一年間の学校での成長が書かたないようです。

先生からのコメントをいくつか紹介すると、

 

1)、サークルでもよく手を挙げて話すようになっているし、金曜日の発表でも、みんなの前でよく話せるようになりました
→金曜日の発表でも、はっきりと話す姿を何度も見ました。

2)、植物や動物、環境について、特に興味をもって取り組んでいたね。

→一喜は、花や植物が好きなようです。

3)、学校にも慣れてきたし、来年は新しくクラスに入ってきた子のMaatje(バディ)をしてくれるかしら?
→本人に聞いてみると、あまりしたくなさそうです。

4)、悪いことをそそのかしてくるお友達がいたら、”No”と断ってもいいのよ。
→私たちも一喜が悪いことをそそのかしてくる子を何度か見ています。しかし、一喜も調子に乗って、喜んでそれをやっちゃってます。

5)、色々なものに興味を持っているね。でも、嫌だと思ったものは、決してしようとはしないね。

→家でも学校でも同じです。先生はそれをどう思っているのかはわかりませんが、今のところ、親としてはそれを打つ手はありません。それはそれで一喜の個性としてみるしかないのかなぁと思っています。

全体的には、学校でもお友達と楽しく色々とやっている様子でした。

去年もそうでしたが、夏休み前はポートフォリオをもらってきても、上のクラスに上がる子供(Groep2と5)しか、面談がありません。

と言っても、わざわざ特別に面談をお願いするほどの問題はないので、面談がなくても特に問題はないのですが、せっかくなら夏休み前に全員の面談があってもいいのになぁと思っています。

ママ

猛暑だったオランダ

旅行前の数日間、オランダを始めヨーロッパ各国は前代未聞の猛暑日でした。オランダは2日続けて観測記録を塗り替え、40度を超えました。

その2日前からも猛暑だったので、クーラーのない我が家は日に日に家の中が暑くなってきて、、、さすがに40度の日は1階でも28度を超え、しかも夜の10時を過ぎても外気温が30度あり、窓を開けられない状況でした。

不快なのは温度だけでなく、蚊。普段はあまり蚊に刺されることはありませんが、気温が上がると一気に蚊が多くなるのか、連日、夜中に蚊の羽音で起こされ、寝不足の日々でした。

オランダも数日間とは言え、クーラーなしでは耐えられない環境になってきたようにも思います。少なくとも、2階と3階の窓の外にシャッターを付けようかと前向きに検討しています。

f:id:patatje:20190808052408j:plain

余談ですが、猛暑の日、子供たちは自分たちの部屋では寝苦しいので、リビングルームで扇風機をかけて寝かせました。修学旅行状態で子供たちはキャッキャと夜遅くまで騒いでいました。


そしてベッドの上に何度乗せても、いつ見てもベッドの隙間で寝る一喜(笑)


ママ