Simpel en Lekker

オランダでの日々の生活、子育て、仕事

家の問題

我が家は、1955年に建てられた築64年の家に住んでいます。オランダだと、築64年というのは、新しくもないし、すごい古い訳でもない感覚です。ちなみに、築30年だと、結構新しい家に住んでるね、ってなります。

この家に住み始めてもうすぐ丸5年になります。今までも、2階のシャワールームから1階に水漏れがおこったり、庭のランプが漏電したり、コバエがキッチンから発生し、毎日100匹のコバエを退治する日々が続いたり、地下室に水が1mほど溜まったり、屋根裏部屋からは水道の蛇口をひねったような雨漏りがしたり、、、と他にも色々とありました(笑)

このところ、原因不明な問題が発生してまして。

一つは、また屋根裏部屋から雨漏りがしてます。一度直して貰ったところですが、直ってないようで。こちらはまだ原因不明ではありますが、前回修理してもらった修理の業者さんとも連絡がついていて、再修理してもらう予定だった、のですが。。

なんと、うちに修理に来ると約束をしていた日に怪我をし、休養中。いつまた来てもらえるかは未定ですが、そのうち直ると見込んでいます。

二つ目は、屋根裏部屋の臭い。1年弱くらい前からでしょうか。屋根裏部屋の階段をあがったあたりが、異常に下水臭い日があります。不思議なことに毎日ではないのですが、臭いが強い日は、隣のめぐみの部屋まで臭くなっていて頭を抱えています。

先日は、よーくよーく嗅いで臭いの発生源と思わしき辺りの壁の隙間を充填剤で丁寧に
詰める作業をし終えました。ですが、その晩、また強烈な臭いが。一体どうなってるのだか。。

三つ目は、1階のトイレの臭い。このトイレは引っ越して来てすぐ、フルリフォームしたばかり。

こちらも臭いの強さが日によって違うのですが、雨が降った後に臭いが強くなるように感じます。臭いは便器の水の中から発生しています。下水のような臭いの日もあるし、湿気たようなかび臭いような日もあります。いろいろなもので掃除をしてみたものの、全く効果なし。こちらも二つ目と同様、頭を抱える毎日です。

もちろん、お隣さんや知り合いにいろいろと聞いてチェックしてみたりするのですが、臭いの問題は、どれも解決には至らず。

今日の夕方、以前パパにオランダ語を教えてくれていたご近所さんに助けを求めました。彼は水のエキスパートです。すぐさま家に見に来てくれました。そして実際に臭いを嗅いでみたり、家のあちこちを隈なく丁寧にチェックしてくれました。

まずは屋根裏部屋の臭い。これはボイラーに繋がっている水の管から発生している事を突き止めてくれました。たまに起こる事だそうで、管の一部をビニール袋などで覆うだけで解決するとの事でした。凄い!さすが!

問題はトイレの臭い。おそらくトイレの下の下水管に問題がありそうと。もしかすると下水管に開いた小さな穴から臭いが漏れていいるかもしれなく、これは配管工の人にお願いし、穴を塞いでもらうと解決するだろうと。

しかし、もし下水管に穴が開いてないなら、今度は市役所に連絡し、下水管に穴以外の問題がないか、チェックが必要になるだろう、との事でした。なかなか単純な問題ではなさそうです。

彼は屋根もチェックしてくれて、今は問題ないけれど、今後雨漏りがしそうな箇所も指摘してくれました。

この数か月、臭いに悩まされうんざり。もう新しい家に引っ越そうか本気で検討していたのですが、彼が言うには、新しい家でも同じような問題が起こるそうで、家が新しくなるだけでは、全てが解決する訳ではないと。

確かに、知り合いが築5年の家に引っ越したのに、去年雨漏りで大変だった、なんて言ってました。

我が家の家問題は、解決までしばらく時間がかかりそうです。

ママ